プロビジョニングに対応する3par

subpage01

3parの各ストレージは拡張性の高さに加えて、プロビジョニングなどの各機能が優秀であり、採用される事例が増えています。

3parは2010年からHPで扱われており、その後も革新的なストレージシステムを多数販売してきています。

ストレージはビジネスにおいて重要視されてきており、特にビッグデータや各種データ分析においてデータ量が爆発的に増えてきていることから需要が高まっています。

BIGLOBEニュースが最近話題になっています。

3parのストレージはいくつかのポイントで採用されることが多く、その一つにシンプロビジョニング機能があります。



プロビジョニングにはサーバやストレージ、ネットワークなどをそれぞれ最適化していく機能ですが、ストレージの場合はただ単にデータが蓄積されている状況では読み書きの速度が改善しません。

そこでデータの再配分やワークロードの調整などプロビジョニング機能が必要です。
3parではこの機能が自動で動くのが特徴であり、予め指定されたパラメータや、自動化されたパラメータチェックもあり、管理者の設定なしでも十分最適化できると話題です。

特に3parのストレージは拡張性に優れており、自由なタイミングでストレージの拡張が可能です。
拡張についてはワークロードの調整や転送量の調整などさまざまな機能が必要となりますが、ほぼ自動化されていることから追加後の設定も必要なく、最適な転送量が得られると期待されています。


また、各種障害対応も迅速に行えることでもビジネスで利用しやすいシステムです。